実績簿(家計簿)のつけ方①

昨日まで「家計でも予算を立てよう」というシリーズでブログを書いてきました。

しかし、予算を立てただけでは何も改善はしませんし貯金も貯まっていきません。予算を実現するための具体的な行動が必要になります。

どんな行動かというと

①使い道を間違えない
②使う金額を間違えない
③使う回数を間違えない

ということです。

家族での今年の外食は12万円で予算に組み込まれていたとします。

①家族で外食のはずがそのお金でお友達と飲みに行ってしまった⇒使い道の間違い
②家族4人の誕生日は特別なのですべて高級ディナーで4万円ずつ計16万円使ってしまった
⇒金額の間違い
③家族で外食1回あたり1万円に抑えていたが、月2回行くときもあり計15回外食した
⇒回数の間違い

この行動が予算以内で行えるかがカギになるのです。

予算は年単位で考えると良いでしょう。そうすると1月が終わった段階で、食費が多いとか、交際費が多いとかが見えてくるので、その部分の行動を修正していけば年間で予算を達成することができます。

予告:明日は「実績簿(家計簿)のつけ方②」で、具体的に家計簿をどのようにつけて行けばよいのかをお話しします。

家計簿を資産形成に活かしたい方は

コチラでご相談ください

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中