実績簿(家計簿)のつけ方②

昨日は予算を達成するためには実際の行動を管理すること、つまり、使い道、使う金額、使う回数に着目して管理していきましょうと書きました。

今日は具体的に家計簿のつけ方について書いていきたいと思います。

本屋さんなどで「家計簿」とか「金銭出納帳」というタイトルのものを買ったり、スマートフォンのアプリを利用したり、エクセルなどの表計算ソフトを利用して自分で作ったりして家計簿をつけようと考える人が大半だと思います。そして、どれが正解ということはありません。自分が使いやすいツールを見つけることが家計簿を続けるための第一条件です。

実際どのように家計簿をつけたらよいかですが、私は、あまり細かく項目を分けることはお勧めしません。

大分類で家計簿をつけることが続けるコツです。大分類とはどういうことかというと、

①家族の生活費

食費、水道光熱費、固定電話などの基本的な生活費はここに分類します。

②住居費

家賃、住宅の修繕などの住宅に係る費用はここに分類します。

③耐久財

家電・家具・自動車など一度買ったら何年も使うものをここに分類します。

④教育費

学校の費用、塾の費用などをここに分類します。

⑤各個人の費用

お父さんの費用、お母さんの費用、長男の費用、長女の費用など、ここでは各個人の項目を作って分類すると良いでしょう。おこずかい、習い事や携帯電話など個人専用のものはここに分類します。各個人がおこずかい以外にも自分でどれだけお金を使っているかわかるようにするのが重要です。

⑥レジャー費

家族での娯楽費、旅行費用などをここに分類します。

大まかな分類をすること、各個人がどれだけお金を使っているかを意識することで家計簿は主婦のものではなく家族のものになります。ご家族の協力を得ながら家計簿の作成を続けていきましょう。

予告:実績簿(家計簿)のつけ方③

次回は家計簿をつけずに実績管理をする方法のご紹介です。

もっと詳しく家計簿のつけ方を知りたい方は

こちらでご相談ください

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中